Menu

不労所得になりえること

グラフとお金

商品先物取引は、価値が上がりそうな商品を購入し、その商品が値上がりすると差額分が財産になることです。例えば、ゴールドを購入する場合、購入した時よりも 1年後に価値が高まれば価値が高まった分だけ自分の財産になるわけです。少しのゴールドだけ購入してもそこまで大きな違いはりませんが、大量に購入した時に住宅が一軒ぐらい購入できるほどの価値が上がることもあります。このように、商品先物取引きをすることにより、不労所得を得ることができるわけです。不労所得とは、働かなくても得ることができるお金です。一般的にお金を稼ぐ場面では、労働が必要になります。例えば工場で働く場合やお店で働く場合あるいはスーツを着てサラリーマンとして活躍する場合もそうです。しかし不労所得と呼ばれるものは特に自分が働かなくてもお金が入る仕組みを意味しています。

どのような商品を購入したらよいか

グラフ

せっかく商品先物取引を行うならば、どのような商品を購入したらよいか明確にしておきたいところです。この点が明確になれば、商品先物取引で苦労することはないでしょう。しかし、この見極めがとても難しいのが特徴です。最初は、商品先物取引きの業者にいわれた通りに取引きをしてもよいですが、その通りにうまくいくこともあればうまくいかないこともあります。ある程度慣れてきた場合には、自分で将来を読むようにしましょう。いわゆる、株の投資や外国為替の投資と同じような仕組みになっていることに気がつくはずです。このような仕組みを理解することができれば、どのような商品が値上がりするか勉強をすることで少しずつ勘が鋭くなっていくはずです。

どのように先を読んだらよいのか

通貨と男性

商品先物取引でもうけるためには、先読みをする力が必要です。ただこの先読みをする力を手に入れるためには、かなり勉強しなければなりません。ですが一度確立されたものに関しては、その力が衰えることはまず考えにくいでしょう。基本的に世界恐慌が起きたり、あるいは大きな災害が起きることはなかなか予想するのは難しいです。コロナウイルスのように、突然株価が値下がりするようなこともあります。少なくとも、投資家の中でコロナウイルスがはやることを予想した人はほとんどいないでしょう。このようなことを考えれば、投資とは斜め上の結果が出ることがよくある点を理解しなければいけません。すべてを予想するのは不可能になります。このようなとき、商品先物取引きをする場合でも確実に損をすると明確に判断できる場合には、すぐに売ってしまうことも必要です。投資といえば設けることばかりが頭にあるかもしれませんが、逆に損を少なくすることも重要になります。

広告募集中