Menu
HOME>アーカイブ>資産運用の1つの手段として利用するのなら基本的な知識を得ておこう
グラフ

未来の取引に投資をする

金融商品には商品先物取引というものが用意されています。本サービスは将来のある日に今の約束した金額で商品を売買するものです。実際にどのようなものが取引されているのかというと大豆やとうもろこしなどの需要のあるものがほとんどです。中には石油や貴金属などもあるので対象の商品の知識が多い人なら有利に取引を進められます。ざっくりと説明をするとある商品の価格があるタイミングまでに、下がっているのか上がっているのかを予想します。予想結果が当たっているときは利益を得る事ができるのが商品先物取引です。うまく利用をすれば資産を増やす事ができるので活用してみましょう。

先物取引はどのような仕組みをしているのか

商品先物取引をするときには仕組みを理解しておくとわかりやすいです。例えばガソリンの取引をすると考えましょう。ターゲットになるガソリンは3ヶ月後にどのような価格になっているのかを考えます。1リットルが200円として取引されている現状で、3ヶ月後にどれくらいまで価格が上昇するのかもしくは下落するのかを予想します。3ヶ月後にガソリン1リットルと200円で購入すると約束しましょう。そして3ヶ月後にガソリンの価格が上がっている場合損益を差し引いた金額が儲かる仕組みです。価格差を利用して資産を増やすのが商品先物取引と考えておくとわかりやすいです。

銘柄を選択する必要がない取引

株式を利用するときには最初に銘柄の中から好きなものを選択して売買をする必要があります。各銘柄には特徴があるので知識がないと取引で儲けるのは難しいです。商品先物取引の場合はどの銘柄を売買するのかを選択する必要がありません。度の商品をいつ売却するのか決めるので面倒な手間がかからないのがメリットです。取引をしている銘柄が高くなるのか安くなるのか把握すればよいだけです。銘柄の選択をする必要がないので純粋の将来の価格を予想するだけで良く初心者にも利用しやすいでしょう。

広告募集中